ナンパのやり方や声かけ成功方法【2018年版】

女の子のナンパに成功したことはありますか?実際に試しても、そんなに簡単に成功はしないですよね。

ナンパなんて成功するはずないと思っている、あなたにこそ読んで欲しい!このナンパの仕方やり方ブログを全て読んで実践していただければ、必ずすぐにでもナンパを成功させることができるはずです!あなたの理想の女性と親密な関係になれること間違いなしですよ!だいぶ大風呂敷を広げているな、とは思わないでください!これは、僕が実際にナンパ美女を読んで100回以上のナンパを実践してきた中で習得した、本当に使えるテクニック・技ばかりです!女の子から快く電話番号やLINEを教えてもらえる「すご技」から、一緒にランチやお茶に連れ出せることができる、とっておきの「ナンパ方法」を余すところなくお伝えしたいと思います!

僕も初めてナンパに挑戦した時は、本当に失敗ばかりでした。どう声をかけていいかもわからず、その場でお地蔵さんのようにただ立ち尽くすだけで一日が終わってしまう、なんていうこともしょっちゅうでした。そんな経験を重ねながら、試行錯誤の末、いまではほぼ100%ナンパに成功する方法を会得したのです!必ず連絡先をゲットするか、デートに連れ出せるようになったのです!

そんな、僕の経験を踏まえたテクニックを余すところなく、ご紹介したいと思います!ナンパで辛い思いをしている方、ナンパなんてどうせ成功しないと思っている方にこそ!ぜひ読んでいただきたいです!

そもそもナンパとは?

そもそもナンパとはなんでしょうか?だいたいの方が、通りすがりの見知らぬ女性に「ねえ!一緒にお茶しようよ!」といきなり声をかける、というワンシーンを連想すると思います。しかし、いきなりこんな風に声をかけられて付いてきてくれる女性はまずいません。

ナンパを成功に導くために大事なことは、相手の女性と「心を通わせること」これが一番のポイントになります。この「心を通わせる」ことを「クロージング」といい、これができれば、成功間違いなし!といっても過言ではないのです。

この「クロージング」という方法は、営業でも使えるテクニックなのです。営業マンが取引相手の心を開いていくときに使うテクニックを、ナンパに応用するのです。簡単にいうと、いきなり「お茶いこう!電話番号教えて!」という要求を突きつけるのではなく、まずは小さな要求を飲んでもらい、序々に同意を得ながら、少ない選択肢を選んで貰いつつ、本題の要求へと近づけていく交渉術です。

ナンパといっても単純なものではなく、その道のプロの数だけ、テクニックや口説き文句は無数にあるのです。体当たりの無謀なナンパではく、女性の心を開く巧みな交渉術を身につけることが成功への近道なのです。

ナンパにはどんな種類があるの?

ナンパの最終目標は「見ず知らずの女性に声をかけ恋人同士になること、もしくは深い関係になれること」だと、ここでは定義したいと思います。知り合いの女性ではなく、まったく初対面の女性と新しい関係を築いていくということが、ポイントです。

ナンパには大きく分けて、2種類あります。
一つは、ストリートナンパです。これは、もっともポピュラーな方法で、街中で見知らぬ女性に声をかけるナンパです。もう一つは、ネットナンパです。これはインターネット上、SNSなどの交流の場で女性を誘うナンパです。

ここからは、さらに細かく2つのナンパの方法をプラスして、4つ分類して説明したいと思います。どのナンパの方法がいいかは、実際に読んでみて、ご自身にあった方法を選んでいただけたらいいと思います。
その4つの方法とは、①ストリートナンパ、②ネットナンパ、③クラブナンパ、④バーナンパです。

①ストリートナンパの手法

まずは、ストリートナンパについて説明したいと思います。ストリートナンパは「街中で見知らぬ女性に声をかけて、誘い出す。」と定義したいと思います。ストリートナンパをしようとする場合、一番に問題になるのが、女性に声をかける時の第一声だと思います。しかし、勘違いしてはいけないのは、一番大事なことは声をかける時の会話の内容ではなく、「表情」と「声のトーン」なのです。このポイントさえ間違えなければ、間違いなく会話を盛り上げて行くことができます。

僕の友人のナンパのプロは、街で知り合った女性に「さっき二人で歩いていたよね!一緒にいた子より、君のおっぱいの方が大きいから思わず声をかけちゃったよ!」と声をかけ、居酒屋に誘い出すことに成功しました。セリフだけ見ると、女性から引かれてしまいそうなセイルですが、彼の持ち前の明るいトーンと、和やかな表情でなんと成功することができたのです。

さらに、「一緒にオムライス食べにいかへん?」と、以外な場所を提案してみたり、「自分、チャンジャ研究をしているので、一緒に食べに行って研究に付き合ってもらえませんか?」と突拍子も無いことを言って笑いを取ってもありです!

要は、話始めるきっかけさえつかめれば、会話の内容はなんでもいいのです。会話がスタートするためには、女性の警戒心を解く、雰囲気作りこそが第一関門なのです。

初めてあった人の印象を決めるものは、話す内容が10%未満であとは、それ以外の目から入ってくる情報や声のトーンで決まると言われています。そう考えると、話す内容がいかに重要でないかということがわかると思います。それよりも、目から飛び込んでくる、表情や耳から入ってくる、声のトーンなど、「どういう雰囲気で話しかけるか」に重点を置くべきなのです。

ちいさな声で、ボソボソの自身のなさそうな表情で見知らぬ男性にいきなり話しかけられた女性はどう思うでしょうか。まず、100%付いてきてはくれません。怖い!と思われるのが関の山です。ストリートでナンパをする上で一番大事なことは、自信を持って声をかけることです。そして、できる限り、明るく、元気に、相手を和ませるように、暖かい雰囲気を醸し出し、話しかけるのです。

「あの、、、すごくタイプなので、一緒にお茶しませんか。。。」と自信の無い声で話しかけたとしても、相手に気持ちが通じるはずはありません。気持ちは、相手にも伝染します。堂々と自信をもって、明るい雰囲気で声をかければ、女性も悪い気はしないものです。

②ネットナンパの手法

次ぎに、ネットナンパについて説明したいと思います。ネットナンパは、「マッチングサイトなど、インターネット上でナンパ行為を行うこと。」と定義したいと思います。

いままではストリートナンパが支流でしたが、いまでは10%のカップルがネットで知り合ったというデータもあるほど、ネットで知り合い交際に発展することが珍しくない時代になってきました。

実際に、僕自身、ネットナンパにも何度もチャレンジしましたが、ストリートナンパにも引けを取らない数の女性と知り合うことができ、さらに深い関係に進展することにも成功しました。

実際にチャレンジしてみた感想としては、ネットナンパの方がストリートナンパに比べ、難易度が低いと感じました。いきなり初対面の女性に声をかけるよりも、ネットを解することで、ワンクッション置くことができ、自分自身も相手の女性にとってもストレスが少ないのです。

ストリートナンパは、いきなり面とむかって、相手の女性と対峙しなくてはならないため、最初のハードルが高く、そこで失敗すると精神的ダメージが大きく、ナンパを断念してしまう人が多いのです。

路上に出る前に、ネットナンパで腕を磨き、経験を積んでから、ストリートナンパに移行していくことが、実際に経験してみてわかった、ナンパの正攻法なのです!ぜひ、ナンパ初心者の人には、この方法を試していただきたいです。

ただ、ネットナンパに置いて、非常に重要になってくるのは、「どのマッチングサイトを利用するか」につきると思います。悪質なサイトでは、女性会員が一人もおらず、男性が女性のふりをして対応するようなものもあります。そう言った、悪質サイトでは、男性側に多額の料金を請求して、運用しているのです。こういったサイトに引っかかってしまっては元も子もありません。

自分の大事な、お金と時間をどぶに捨てているようなものです。

何度も言うようですが、大事なのは「本当に深い関係になれる女性と出会える、サイト選び」なのです!そこさえ間違わなければ、ネットナンパは、とてもいい出会いの場と言えるのです。

③クラブナンパの手法

次ぎに、クラブナンパについて説明したいと思います。これも、初対面で女性に声をかけると言うところでは、ストリートナンパとほぼ同様になります。ただ、声をかける場所が、クラブというだけで、ストリートとはまた違ったテクニックが必要となります。また、いち早く女性と深い関係になりたいのであれば、クラブナンパはかなりおすすめです!

クラブに実際にきている女性は、男性との出会いを期待している場合が多く、そこからお持ち帰りされてもいいかなと思っている人も少なくありません。あなたが彼女に少しでも気に入られれば、一気に関係が進むということも充分考えられるのです。

ただし、クラブナンパをする場合、女性側も男性を選んでみてくる場合が多いので、第一印象の見た目の良さ、話術が必要となり、初心者にはハードルの高い場所とも言えます。

いきなり路上で声をかけられる場合と違い、女性側にも吟味する時間があるため、クラブででは女性から品定めされてしまうのです。クラブナンパは、上級者向けであるため、ストリート、ネットで腕を磨き、ルックスにも自信が持てる場合に挑戦していただきたい場所です。初心者が下手に手を出すと、大やけどする場合が多いです。クラブナンパのやり方については『クラブナンパ解説ページ』で紹介しているので、クラブでお持ち帰りしてみたい、ワンナイトラブしたいという方はチェックしてみてください。

④バーナンパの手法

次ぎに、バーナンパについて説明したいと思います。こちらもストリートナンパと同じく、面とむかって行うナンパですが、なんと言ってもバーは、お店の雰囲気もよく、お酒の力も借りることができ、女性に声をかけるには一番自然なシチュエーションと言っても過言ではないでしょう。バーに来る女性は、クラブ同様、出会いを求めている場合が多いです。いきなり深い関係になることも不可能ではありません!路上でのナンパで、惨敗し心が折れそうな時は、バーナンパに挑戦していただきたいです。

メリットだらけのナンパ

ここまで様々なナンパの手法を紹介しましたが、そもそもナンパなんて大変そうだし、日常生活の菜かで知り合える女性と付き合えればいいと思っている方に、ぜひ知って欲しいナンパのメリットを3つ紹介したいと思います!

経済的!

いまや、理想の女性と知り合うのに、お金がかかる時代です。コンパや街コン、婚活パーティーへの参加や婚活サイトへの登録など、見知らぬ女性と知り合うには、コストが掛かるのです。こういった出会いの場を利用する場合、ほとんどと言っていいほどに、男性側から料金を多く徴収するのです。

大金をはたいて、努力しても、本当に理想の女性と出会えるか、正直「神のみぞ知る」という感じです。

その点、ナンパはとても経済的です!移動手段や、誘い出した後の飲食代などは、もちろん除外しますが。

その上、街にいる全ての女性をターゲットとすることができるのです!普段の日常で出会える何十倍もの女性の中から、好みの女性が選べ、上手くいけば恋人同士になれるかもしれないのです!しかも低コストで!これが最大の魅力です!

普段は接点のない女性と出会える

僕は10代から20代後半にかけて、それはもう修行のように、毎日ナンパに明け暮れていました。おかげて、総勢1000人以上の女性に声をかけることができました。それだけの人数の女性と話せたおかげで、本当に様々な職種の方に出会うことができたのです。

僕が、ナンパに成功したお相手は、以下の様な方々でした。
女子高生から女子大生、ナース、美容師、保育師、教師、アパレルの店員さん、CA、人妻。プロの方では風俗嬢、AV女優、キャバクラ嬢、ガールズバー勤務の女性などなど。数え上げたらきりがありません。

本当にさまざまな女性と知り合い、中には深い関係まで進めたかたもいました。日常の生活では、決して知り合うことのない女性に、自分の努力次第で何人とも関係を築くことができるのです!もちろん、親密な関係まで進めなかった方もいますが、それでも僕にとっては、かけがえのない、貴重な経験をすることができました。

いろいろな女性と話せたことは、自分自身の財産になったと確信しています。

なんといっても度胸がつく!コミュニケーション能力があがる!

最大のメリットは、実はこれではないでしょうか!初対面の女性に声をかけるのには、そうとう勇気が必要です。さらに、上手く話し出せたとしたら、そこから自分の頭をフル回転させて、女性を誘い出すわけです。もちろん、失敗して心が折れそうになることもありますが、成功したら、なんとも言えない達成感を味わうことができます。

さらにこれを繰り替えすことで、断られてもめげない強靱な精神力と、相手と円滑に関係を築けるコミュニケーション能力まで、身につけることができるのです!さらに成功すれば、彼女もできる!こんな美味しいこと、なかなかありません。

黙って立っているだけでは、女性は寄ってきません。よほどのイケメンでない限り、、、
理想の女性と出会うには、行動するしか方法はないのです。行動あるのみなのです!

僕も初めてナンパにチャレンジした時は、貴重で口から心臓が飛び出しそうだったことを覚えています。場所は、ターミナル駅でとても清楚な感じの女性でした。勇気を出して声をかけた初のナンパは成功しませんでしたが(笑)

しかし、めげずにナンパを繰り返していけば、必ず成功する時が来ます!そして、度胸もコミュニケーション能力も、次第についていくのです。ナンパで得た度胸や交渉術は、男女関係だけでなく、普段の仕事や日常の人間関係でも力を発揮すること間違いなしです。

ナンパで逮捕されないために!

ナンパのメリットをお伝えしましたが、そもそもナンパというのは違法行為なのでしょうか?せっかく勇気を出してナンパをして、相手に訴えられて逮捕!なんてことにならないように、注意点をお伝えしたいと思います。

僕の武者修行時代、1000人以上の女性に声をかけましたが、トラブルになった事は一度もありませんでした。それは、女性に対して常に紳士的であったからではないかと、自負しています。しかし、残年ながら本当に相手に不快感しか与えない、素人ナンパが街にいることも事実です。

声をかけた女性を無理矢理連れて行こうとする男。断られた時に、女性に対して酷い暴言を吐いて去って行く男。さらに、断られた腹いせに暴力をふるう男。

こんなナンパは、同じナンパ師として本当に許せません!素敵だなと思って声をかけた女性に対して、なんとも酷い仕打ちです。健全なナンパ師である僕からしたら、完全な営業妨害です。

この様な行為は、ナンパとしては完全にNGですし、女性から訴えられても文句は言えません!ナンパはあくまで紳士的に、節度を持っておこなうべきなのです。

また、自分が加害者になる場合だけでなく、ナンパしたことによって被害者になる危険性もあります。これだけは、ナンパをする際、よく頭に入れて注意して欲しいです。

まず注意したいのは、声をかけた女性に彼氏がいる場合です。その場で因縁を付けられトラブルになる場合です。その時は、スマートにその場を立ち去りましょう。深入りは危険です。さらにやっかいなのが、スカウトの黒服から目を付けられることです。スカウトにしてみたら、無差別にナンパをする輩は、やっかいものなのです。もし、脅された場合、非常に危険なので、すぐにその場を離れましょう。深入りすると、リンチにあう危険もあります。ナンパの成功より、身の安全を確保しましょう。

もう一つ考えられる危険性と言えば、相手の女性が18歳未満の未成年や既婚者であった場合です。その場合、最悪裁判沙汰になり、自らの生活を脅かすこともあります。

ナンパでは、相手の女性がどういう素性の人なのかわからないことが、デメリットです。あくまで、常識の範囲で、危険を伴う相手だとわかったときには、あきらめるのも大事な決断であることもお忘れ無く。

ナンパはどの程度成功するのか?

これから、いざ!ナンパをするぞ!という人には非常に気になることだと思います。いったい何人に声をかければいいのか。。。僕の経験からお伝えしたいと思います。

これは、野球の打率と同じで3割いけば、かなりの成功率です!10人中3人の女性から連絡先を聞き出すことができれば、かなりの成績です。あとの7人に関しては、泣かず飛ばすの結果になるかとは思いますが、そこは当然と思い、すっぱり諦めましょう。

大事な事は、断られたあとも、紳士的に振る舞うことです。去り際がスマートであれば、そこで興味も持ってくれる女性もいます。その姿をみて、逆に女性から声をかけてくれるパターンも実際にあるのです。(僕にも経験があります)

ナンパの成功率を決める3つの要素は「アタックした人数、見た目、話術」です。この3つのポイントの総合力で、成功率が上がっていくのです。自分が弱点とする部分を鍛えていけば、必ずあなたも3割打者になれるはずです!

大学1年生の女性296名に実際に調査した、データもあります。
男性から声をかけられた時に、カフェや居酒屋など一緒について行ったことがある人は、全体の2.8%、その男性と深い関係になった女性は1%弱であったそうです。

このデータからもわかるように、単純に100人の女性に声をかければ、3人の女性を誘い出すことができ、その中の1人と深い関係になれる可能性があるということです。毎日10人の女性に声をかけ続ければ、10日間の間に、一人の女性と結ばれることができる可能性があるということです!そう考えると、そんなに難しいことではないように思えませんか?

ナンパはもちろん、見た目や話術などが、成功を左右することにはなりますが、単純にアタックする女性の数を増やせば成功率は上がるのです。下手な鉄砲も数打ちゃ当たるのです!それがナンパです。

ナンパ師の経歴

では、10代から青春をナンパに捧げた僕自身が、どういった経歴の持ち主なのかをご紹介したいと思います。

ナンパに目覚めたきっかけは、大学生の頃でした。学生の頃、授業の一環で行う実験の被験者をお願いするために、構内の女生徒に声をかけまくっていたのです。ふと気付くと、声をかける女の子は、好みのタイプばかりでした(笑)
これは、もうナンパをしているのも同然だなと悟り、ナンパ師へと変貌していったのです。

卒業してからは、就職で関西へ移動しました。そこでもナンパの日々に明け暮れることになります。

新入社員のころは、ほとんど毎日定時退社だったため、時間はたっぷりありました。初めて住む土地で、彼女はおろか友人もほとんどいなかったため、僕のアフターファイブは、ナンパ修行の時間となったのです。

僕がナンパの場所に選んでいたのは、大阪の中心、梅田界隈から難波にかけての付近です。このあたりは主要駅が多く、いついっても人が途絶えることはありませんでした。僕はここでナンパの腕を磨くことになるのです。

そんな僕は、ここで1000人の女性に声をかけ、さらに二桁の女性と深い関係になり、彼女を作ることができました。いまでは、その彼女と結婚を考えるまでの関係になることができ、ナンパからは、完全に卒業することができました。

ナンパのおかげで、理想の女性と知り合うことができ、これからの人生はナンパではなく、彼女と幸せな家庭を築くという目的に無事移行することができました。ナンパはあくまで手段であって、それ自体は目的ではないのです。
と、言うわけで完全に僕は引退しましたので、今後、僕へのナンパのお誘いはご遠慮ください(笑)

これはNG!こんな服装でナンパをしてはいけない!

いまからお見せする二つの服装のうち、あなたがナンパに繰り出す時、どちらがより有利だと思いますか?

僕の意見としては、左側がおすすめです!シンプルな白シャツは清潔感があります。チノパンと革靴も、女性に対して誠実な印象を与えるので、非常にいいです。イメージとしては、メンズノンノ系ファッションがどのような女性に対しても幅広く好感度を得ることができます。仕事帰りのナンパであれば、スーツもおすすめです。スーツはどんな男性でも、きっちりとした印象を与えることができるからです。

次ぎに、NGファッションをご紹介したいと思います。普段、以下のようなファッションをしているかた、ナンパの際にはぜひイメージチェンジをしたほうがいいです。

  • 先端が尖った靴
  • 過剰なアクセサリー類(チェーンなど)
  • チャラく見える、ギャル系、ホスト系のファッション
  • 露出度が高めの、タンクトップ、ハーフパンツなど

なぜ、服装が重要かというと、ナンパの第一印象は非常に大事であるからです。見知らぬ男性から、いきなり声をかけられた女性は、まず警戒します。不信感をもたれてからのマイナススタートなのです。そこから、如何に安心感を与えるかが重要になります。

右のような服装では安心感を与えるどころか、話さえ聞いてもらえずに、逃げられてしまう可能性大です。まずは、服装から清潔感、誠実さを漂わせること。これが成功への近道です。

ただし、あなたがターゲットにする女性が、ギャル系やお水系女子であれば、右のような服装もありです。あくまでターゲットに安心感をいだかせるところがポイントです。

服装の重要性を書きましたが、ファッション誌から飛び出したような、最先端のファッションで挑めば、ナンパが成功するとも限りません。あなたが身にまとう服は、戦闘服です。上記の清潔感のポイントさえ押さえれば、あくまであなたのセンスで、あなたのテンションがあがるような服装でいどむのが一番です!

ナンパの必需品

では、実際にナンパに繰り出す際の、必需品を三つご紹介したいと思います。これさえあれば、誰でもナンパできます!

  1. スマホ
  2. コンドーム
  3. もしあればカウンター(100均で買えます)

上記の三つさえ持っていれば、ナンパはいつでもどこでも可能です!場所は問いません。あなたのモチベーションと、好みの女性さえいつでもナンパできます!いつ何時も持ち歩くくらいがベストです!

では、具体的に三つのアイテムの使い方をご説明します。言われなくてもわかるわ!という方は、飛ばしていただいて結構です(笑)

1.スマホ

ナンパに限らず、普段から携帯している人がほとんどなので、問題ないかと思います。ただし、スマホであることが重要です!なぜなら、LINEで連絡先を交換する可能性が高いからです!ナンパに挑戦しようというガラケーユーザーは、これを機にスマホに乗り換えをしましょう。さらに注意なので、いま流行の格安スマホではLINEの年齢認証ができない場合があります。こちらは、別途調べていただいて、年齢認証を取って、ID検索が可能な状態にしておくことが必要です。

僕がナンパにいそしんでいた時代は、ほとんどの人がガラケーでした。連絡先も赤外線通信で行っていました。なんだか、遠い時代の話のようです。。。(遠い目)

2.コンドーム

コンドームを持ち歩くのは、ナンパのエチケットといっても過言ではないでしょう!コンドームを持たずに女性に声をかけるなんて、裸で敵に立ち向かうのに等しい?くらいに無謀です(笑)
コンドームは、病気の予防はもちろん、予期せぬ妊娠を防ぐためにも絶対に必要です。男性が用意するのが当然と心得ましょう。コンドームは、薬局やコンビニで簡単に手に入ります。僕のおすすめは、ネットでの購入です。店頭で買うより安くゲットできます。個人的な好みを言うと、サガミストが好きです。ゴム臭がなくおすすめです。

3.カウンター

最後に僕がおすすめする必需品は「カウンター」です。これは、よく交通量調査などで使用する数を数えるためのものです。これは、無くてもナンパはできますが、ストリートナンパを行う際の、モチベーションアップには、非常に役に立ちます。

僕がナンパ師として活動していた時は、一日100人に声をかけるという、100人ナンパ修行を行っていました。その時に非常に役にたったのが、このカウンターです。なんと言ってもナンパは根気が必要です。心がめげそうになるときに、ポケットに忍ばせたカウンターを見て、何度モチベーションを上げたか数えきれません。カウンターは100均でも購入できるので、ぜひ使ってみてください。

この3つ以外で、僕がやってよかったと思うものもご紹介します。一つは、靴下の二枚履きです。ナンパは足腰が勝負です。ほとんどの時間を歩いているか、立っているかなので、非常に足がやられます。靴下の二枚履きは登山家も実践するといほど、足の負担を和らげる方法なので、ぜひお試しください。

僕のように、一日100人ナンパ!や長期戦になりそうな時は、参考にしてもらえるといいと思います。

成功率が高い!声をかけやすい女性のタイプは?

ナンパをスタートしたばかりの時は、手当たり次第に声をかけるのではなく、成功率が高いタイプの女性にターゲットを絞ったほうが無難です。どういった女性がいいかと言うと、自信のなさそうな、あまり着飾っていないタイプがいいです。派手な服装でなく、靴のヒールの低めが狙い目です。

そういった女性は、ナンパされ慣れていないため、断ることが苦手だったり、うまくすると、声をかけられて嬉しいと思ってもらえる場合が多いのです。僕もビギナーの頃は、特にそういった女性にターゲットを絞って、アタックしていたものです。そういった女性は、律儀な人も多いので、上手く連絡先の交換までこぎ着ければ、後日、飲みに誘い出すことも可能です!

上記のタイプと全く逆パターンの女性であっても、ナンパに応じてくれることは往々にしてあります。もし、タイプの女性であれば、ナンパしにくそうであっても、アタックしてみる価値はあります!結果がどう転ぶかは、実際に声をかけないとわからないので、自ら「この女性は無理だろう」と決めつけないことも大切です。

ナンパするのにおすすめの場所は?

実体験で学んだことですが、僕が思う一番おすすめの場所は、スクランブル交差点です。こういった場所は、縦横無尽に多くの人が行き交うので、ナンパをしても目立たないのです。
逆に、人通りが少ない道でもいいです。要は、回りからあからさまにナンパしていることがわからないことが重要です。しかし、人通りの少ない道では、女性の警戒心が高まることもあるので、薄暗くなってきた時間帯のナンパはおすすめできません。時間帯も見ながら、ベストな場所を選ぶことが大切です。

ナンパをしていて一番辛いのは、回りからの視線です。なるべく、自然に回りに溶け込みつつ、ナンパしていることを悟られずに実行に移せる。そういった場所をいくつか紹介したいと思います。

一つ目は、東梅田駅構内ホワイティー梅田の電光掲示板前のスペースです。ここは、僕がナンパを始めたばかりのころに、よく利用していました。ここは、駅構内なので、人通りも多く、皆が別々の方向に向かって歩いているため、ナンパをしていることを悟られにくいのです。もし、失敗したとしても構内に、柱が並んでいるため姿を隠すことができ、精神的なダメージを負うこと無く、ナンパの数をこなすことができました。

二つ目は、あまり混雑していない某大手の100円ショップの店内です。また、人気の雑貨店の店内も狙い目です。こういったお店は、若い女性が一人で暇つぶしに立ち寄ってる場合が多いので、声をかけやすいのです。一人でぷらぷらしている女性を狙って、そっと声をかけると、非常に成功率が高いのでお試しください。

ナンパ師だった当時の僕も、定期的に100円ショップや雑貨屋を回ったものです。仲間内では、それを店内パトロールと称して、互いに情報を交換しあったりしていました。店員さんの番号を聞き出すことも成功したことがあります!これは、現役時代の僕の伝説でもあります。外でのナンパが辛い、真夏や寒い冬にはとてもおすすめですよ!

その一方、僕が失敗したナンパスポットもご紹介したいと思います。場所を間違えると、僕のように痛い思いをすることになるので、要注意です。

まず、以外にもNGスポットは、人通りが多い一本道です。これはスクランブル交差点や駅構内と違い、歩道を歩いている人が同じ方向に移動をしているため、ナンパの一部始終を回りの通行人に聞かれてしまう可能性が高いのです。先ほどにも書きましたが、ナンパで一番辛いのは、回りからの視線です。

ましてや、失敗しているところや、女性からまったく相手にされていないところを、見られてしまう。これは、経験してみないとわからないほど、辛い状況です。人通りが多いからと言っても、初心者は決して手を出してはいけない場所なのです。

他にも、有名なナンパスポットは絶対に避けた方がいいです。大阪では道頓堀の「ひっかけ橋」や「梅田のHEP前」などです。地元民であれば、小学生でも知っているナンパの名所です。こういった場所は、通行する女性側も警戒心が半端ないのです。有名であるが故に、難易度が高い場所になってしまっているのです。

初級編!初心者でもできるストリートナンパの声掛け方法

では、どう声かけをすれば成功するのか、具体例をあげてみたいと思います。

一番簡単で無難な方法は、道を尋ねる方法です。他には、特に会話をする必要はありません。本当に、困っている風を装って、女性に道を尋ねるだけでよいのです。もちろん、誰でもいいわけではありません。好みの女性に道を尋ねるのです。

「すみません、ちょっとお尋ねしたいのですが、ハチ公前って、ここからどう行けばいいですか?」と簡単に聞いてみましょう。よっぽど急いでいない限り、教えてくれる女性がほとんどのはずです。

これをまずは繰り返しましょう。声をかけることに慣れることが大事です。これは、発声練習だと思って下さい。道を聞くことに慣れてきたら、第二段階です。

道を尋ねたあと、丁寧にお礼をいってその場をさります。そして、一呼吸置いて、道を教えてくれた女性を走って追いかけます。ここでは、タイミングが大切です。早すぎても遅すぎても成功しません。ゆっくり10秒くらい置くといいと思います。
そして、こう声をかけてみましょう。

「ちょっと待ってください。先ほど道を教えてもらったものですが、急で驚かれるかもしれないけど、、、」
「なんですか?」
「そんなつもりではなかったんだけど、あまりにも好みのタイプなので、、、このまま会えなくなると後悔すると思って!良かったら友達になってくれませんか?」
「えつ!(顔が赤くなる)」

と、なんだか嘘のような話ですが、僕が実際に試したナンパの成功例です。ちょっと実践するには、恥ずかしさが先に立つかもしれませんが、このような展開を喜ぶ女性は実はとても多いのです。悪い気はしないと思っているのです。ここは、名優になったつもりで、演じてください。自分も恥ずかしそうに、とまどった感じで伝えたほうが好印象です。相手の女性の気分をとことん盛り上げることが大事です!この方法を使えば、女性の連絡先をゲットすることもできるはずです。

一つ注意としては、あまりマニアックな場所を尋ねないことです。相手の女性がその場所を知らないと、「ごめんなさい。わからないです」で、会話が途切れてしまうからです。

連れ出す時に使う会話のコツ(具体例)

次ぎは、女性の連れ出しに成功した時の具体的な会話を紹介し、解説していきます。僕が過去に実践してきたナンパの一例です。会話の成功例は、場所や時間、相手によってさまざまです。なので、こちらで紹介する会話はほんの一例ですので、参考までに見ていたきたいと思います。

飲み会帰りの女性をターゲットにした際の会話です。ほろ酔いの女性に声をかけました。
「こんばんは、飲み会の帰りかな?」
相手の女性は、ほろ酔い加減でほほえんでくれました。
「僕も飲み会の帰りなんだ。でもまだ飲み足りなくて、よかったら一緒にどうかな?」
「あたしは、飲み過ぎちゃったから、もう飲めないわ~むり~」
「じゃ、ソフトドリンクでOKだよ!一緒にいてくれるだけでいいから、行こうよ!」
「う~ん、でも、どうしようかな、、、」
「飲むのが無理なら、カラオケでどう?一緒に歌おうよ!僕も歌いたい気分だけど、一人じゃ寂しいから付き合って欲しいな!」
「聞くだけならいいけど、私は歌わないよ!」
「問題ないよ!僕が歌うし!じゃ、行こうか!」

と、こんな感じで誘い出すことに成功しました。どうですか、ごくごく普通の会話で問題ないのです。女性の不安を解消しながら、無理なく誘導していくことがポイントです。こんな感じで無理なく話しができれば、連れ出すことも、連絡先をGETすることも問題なくできます。僕の経験では20~30%の確率で、成功することができていました。

もし、この方法を試してみて、まったく成果が上がらない場合は、他に原因があるかもしれません。話しかけるときのトーン、服装、表情など、一度見直してみるのも、いいかもしれません。

敢えて、この会話のポイントをあげるとすれば、女性が「仕方ないから付き合ってあげよう」とちょっとでも思えるように仕向けることです。「ひとりカラオケが寂しいって言ってるし、仕方ないからちょっと付き合ってあげよう」と、女性の母性本能をくすぐるような誘い出しができれば、よりいいと思います。

ナンパは断られて当然と思いましょう。そこから、どう女性の心を変えていくかが重要なのです。いろいろなパターンの切り返しができるように、自分なりの返しのパターンを増やしていくことも大事です!

連れだしに成功!お店では何を話せばよいか

無事に、好みの女性を、どこかお店などに連れ出せたとします。せっかくの連れ出しに成功しても、そこで会話が盛り上がらないようでは、次ぎのステップへ進むのは難しいです。ここまで来てくれた女性は、少なからずあなたに魅力を感じているはずです。自信を持ってトークを盛り上げましょう!ここでは会話を盛り上げるための3つのトーク術をご紹介します。参考にしてみてください!

目の前の状況から連想をつなげ会話を引き出す

いま目の前にあるもの、状況などから、話を切り出す方法です。食事の内容や、お酒の種類など。会話の切り口は、目の前に沢山あるはずです。

では、実際のトーク例をご紹介します。誘い出した女性とバーで飲んでいるとします。彼女が飲んでいるカクテルを切り口として、会話をしてみましょう。

<トーク例> 「今飲んでいるカクテルは、甘めだよね。そういうの好きなの?休日も、結構飲んだりする?」
ここでさりげなく、休日というキーワードを出しましょう。上記の質問に対して、どんな答えが返ってきたとしても、自然と休みの日の過ごし方に話を移行することができます。あとは、休日の過ごし方から、自然に相手の趣味や仕事など自然に話しを広げることができるはずです。

会話は流れが大切です。上手に話しをつなげて、女性から話を引き出せれば、きっとお酒も進み、会話も盛り上がること間違いなしです!

話を盛って笑いを誘おう!

楽しい会話に欠かせないのが、笑いです。そんなこと言っても、笑いを取るなんて無理だよ!と思わないでください。プロの芸人さんのように巧みな話術で笑いを取れといっている訳ではないので、ご安心ください。

大爆笑を狙わなくてもいいのです。二人きりの会話なんですから、いつもより少し大げさに話しを盛って、女性からクスッと笑いが取れたら、充分です!具体的なトーク例を二つご紹介します。

<トーク例①>
連絡先が交換できた女性と、後日あった時と想定します。
「〇〇ちゃん、久しぶりだね!前にあった時より、ずいぶん綺麗になってたから、一瞬わからなかったよ!地球に舞い降りた天使なんじゃないかと思っちゃった!」

こう言った、女性を大げさに持ち上げるようなトークは使えます!冗談ばっかり!と思われても、悪い気はしないはずです。
次は、ちょっと下ネタを入れた会話術です。トークが盛り上がってきたら、こんな会話を入れてもありなはずです。

<トーク例②>
「最近、肩がこって辛いんだよね。。。〇〇ちゃんも、デスクワークでしょ。肩辛くない?〇〇ちゃんのおっぱい大っきいから、大変だよね!そうとう大きいもんね!Xカップくらいあるんじゃない?」

下ネタトークをする時は、ちょっと冗談を入れることで引かれることなく、笑いが取れるので、ぜひチャレンジしてみてください。このように、ちょっと大げさなくらいの会話を上手に織り込みながら、会話を盛り上げていってください。

流行やお笑いの力を借りる

手っ取り早く笑いを取りたい!話を盛り上げたい!という時は、いま流行っているものや、芸人さんのネタをチェックするのが、近道です。普段から、女性が好きそうなネタ収集をし、引き出しを増やしておきましょう。

では、トレンディーエンジェルの斉藤さんネタを使った例をご紹介しましょう。

<トーク例>
「佐藤君って、スノボするの?上手く滑れるなんてかっこいいな!教えてほしいな!」
「当然だろ!佐藤さんだぞ?」

と、いった感じです。文章で読むと若干寒い感じですが、、、盛り上がっている会話の最中であれば、笑いを誘えること間違いなしです!躊躇せず、自信たっぷりに言いましょう。

ナンパにおいて最も大切なこととは?

いままで数々のナンパのテクニックをお話してきましたが、最も大切なことは、小手先のテクニックではありません。忘れてはいけない、一番大切なことは、あなた自身がナンパすることを心から「楽しむこと」です。そして、自分だけではなく、声をかける女性に対しても「自分と一緒に楽しい時間を共有して貰いたい」と思うことです。

あなたが声をかけて、付いてきてくれた女性は、少なからずあなたに興味を持ってくれているはずです。あなたの顔がタイプだったり、お洒落でかっこいいなと思ってくれていたり、ついて行ったら面白そうだと思ってくれているのです。
もしかしたら、ただただ寂しくて誘いに応じてしまった女性もいるかもしれません。そんな風に好意を持ってくれ自分を少しでも必要としてくれている女性と出会えたのですから、あなたはその女性を全力で楽しませてあげて欲しいのです。

自分はトークに自信がないと思っている人もいるかもしれません。でも難しいことは考えず、一緒にいるその時間を楽しめばいいのです。スマホのゲームで一緒に楽しんでもいいし、歌が好きなら一緒にカラオケボックスに行くのもいいです。映画が好きな人なら、一緒に映画鑑賞なんてのもいいと思います。

とりあえず、過ごし方はどうであれ、相手を全力で楽しませてあげ、そして楽しい時間を共有することが、誘いに乗ってくれた女性への礼儀であると僕は思うのです。

注意したいのは、ナンパの成功率があがってくると、調子に乗って「俺すっごくモテるかも」勘違いしてくるパターンです。勘違いしたナンパ師ほど痛い存在はありません。いくら、調子よくナンパが成功しているからといっても、女性に対しては紳士的に謙虚に振る舞うべきです。いつも、ナンパしまくってます!見たいな男性は結局女性から嫌煙されます。謙虚な男性の方が、はっきりいってモテます!

相手の女性と一緒に、楽しい時間を共有することができれば、きっと二人にとって最高に楽しい時間になることは間違いありません。

ナンパのテクニックのまとめ

これまでに数々のナンパのテクニックをご紹介してきてきました。この文章を読んだら、ぜひ実際のナンパに挑戦していただきたいです。きっとかなりの確率で成功するはずです!あとは、最初の一歩を踏み出すだけです。

もし、それでも上手くいかないよという場合には、もう一押し!ここを改善すればいいのでは?というポイントをお伝えします。

ナンパをする場所を変える

もしかしたら、声かけする場所が悪いのかもしれません。いまいる場所がナンパしやすい場所かをもう一度チェックしましょう!ポイントは、ある程度人通りがあって、他人の視線が気にならない場所です。

服装、髪型を変えてみる

いまの服装を客観的に見てどうでしょうか。お洒落でも奇抜であったり、妙に露出が高いのはNGです。清潔感があり、誠実そうに見えるシンプルコーデに変えてみるのもありです。髪型も同様です。ナンパの成功率がなかなか上がらない時は、服装を見直してみてください。

表情、声のトーンを変えてみる

表情、声のトーンはどうでしょうか?緊張しすぎて、顔がこわばっていたり、暗いトーンのぼそぼそ声では、相手に気持ちが通じないでしょう。あまりにもこなれすぎた感じもマイナス印象ですが、適度に明るいトーンで、明るい表情で話しかけるようにしましょう。

以上のポイントを見直すだけで成功率はあがってくるはずです!

それでも、女性慣れしていないと無理だ!と思う人は、ぜひネットナンパで女性との会話になれるところからスタートしてみてください。

僕が実際に利用し、本当に女性と知り合うことができ、深い関係にまでなれた、マッチングサイトを最後にご紹介します!本舗初公開!とっておきの情報です!

ナンパになれてきたら、ぜひあなた独自のナンパテクを編み出して、精進していってくださいね!僕のテクニックは、あくまで最初の参考程度にしてください。

青春をナンパに費やしてきた僕の感想としては、ナンパは「自分を成長させてくれる糧となる!」ということです。ここまで読んでくださったあなたは、気付いているかもしれませんが、ナンパは自分自身を磨きコミュニケーション能力を最高に高めてくれるのです。これは、女性と、関係を築く時だけでなく、日常の生活の中や、仕事でも大いに役に立ちます!そう感じた僕は、ぜひ多くの男性に実践してもらいたい!と思い、ナンパのノウハウをまとめさせてもらいました。

この記事を読んで、一人でも多くの男性が、理想の女性と出会い、新しい人生へと歩んでもらえたならば、本望です。

たかがナンパですが、されどナンパです。ちょっとした勇気をもって、ナンパに挑戦してもらえれば、新たな人生が開けるかもしれないのです!ぜひ!勇気と自信を持って、チャレンジしてみてください!僕も検討を祈っています。

最後に!群を抜いて圧倒的な凄腕ナンパ師になるためには、、、

いよいよ!ナンパにチャレンジしてみよう!と決意してくれたあなたのために、最後に最短で確実に結果を出すことができる、とっておきの方法をご紹介したいと思います。

ナンパは「声かけ」から始まります。その導入がいかに自然にできるか!ここが勝敗の分かれ道です。

ナンパの基本的な流れは、次のようになるかと思います。
「声かけ」→「トークで和む」→「お店に連れ出す」→「ホテルor自宅へ」→「ゴール」

この流れを、無理なく両者の同意の元、進める必要があります。これだけのステップをこなすには、ある程度女性になれておく必要があります。女性慣れしていないと、せっかく声かけに成功したとしても、最初の「トークで和む」の時点で、話が続かなくなり、そこで断念してしまう場合が多いのです。

そこで、一つの方法としては、ネットナンパとストリートナンパを併用して実施していくことをおすすめします。

ネットでは、声かけからトークで和むまでのハードルがネットを介することで、非常にストレスなく行うことができます。マッチングサイトでは、出会いを求めている女性が集まってきます。出会いを求めているのは、女性も同じです。

いまや、ネットで知り合うことに対する抵抗感はないに等しい時代です。しかも、互いに出会いを求めている同志が逢えるのですから、実際にお店に連れ出すまでの行程が驚くほど簡単にできてしまうのです。
僕自身、ネットで知り合い、実際に深い関係まで進むことができた女性は何人もいます。相手も出会いを求めているので、実際にあってみるととても積極的だったりします(笑)

ストリートナンパではあんなに、服装や髪型、テクニックを磨き続けていたのに、こんなにあっさりと逢えるなんて、、、、いままでの苦労なんだったんだ!というほどです。

さらに、ネットナンパで知り合った女性とは、逢ったその日に深い関係になれたりと、、ほんとにいいことだらけでした!もう、ストリートナンパをやめて、ネット一本でやっていこうか!と思ったほどです。

ネットで知り合えた女性の中には、美容師の子もいました。最上もがちゃんのようなルックスで、金髪ショートのかわいらしい女の子でした。本当に、こんなかわいらしい子と出会えて幸せだ!と実感したものです。

以上!
ナンパの基本から、会話のコツ。最後にネットナンパの活用方法まで、余すところなくご紹介させていただきました!

この記事を読んだあなたが、ナンパを通して素敵な女性と出会い、新たな人生のスタートを切れることを心から願っております!